プレス・パイプ・板金・溶接加工 他社にはできない困難な課題を解決
金属塑性加工.com

測定検査のIoT化で出荷検査成績書作成時間の短縮

Before

改善提案事例|金属塑性加工.com従来、下記のようなフローにて出荷検査成績書を作成していました。

①デジタルノギス・デジタルマイクロ・ハイトゲージ・デプスノギスを使用し、出荷検査成績書入力用紙(パソコンからプリントアウトした用紙)に測定データを手書きで記入。また、三次元・形状測定機の一部のデータも手書きで記入していました。

②出荷検査成績書入力用紙は422項目あります。そのデータがすべて埋まったら、パソコン上でデータをすべて手入力していきます。

①の作業に128分、②の作業に45分、計173分かかっていました。さらにデータ入力ミス等のヒューマンエラーの発生リスクもあり、改善が必要でした。

After

改善提案事例|金属塑性加工.comそこで、以下のように改善しました。

①サンプル測定する定盤上で、タブレットPCに受信ユニットを接続し、デジタルノギス・デジタルマイクロ・ハイトゲージ等の送信ユニットと接続ユニットを使用して出荷検査成績書入力シートの検査項目を測定していきます。サンプルを測定し、デジタルノギスに取り付けた送信ユニットのボタンを押すと、タブレットPC受信ユニットが受け、タブレットPC中の出荷検査成績書入力シートの検査項目に自動入力されます。

②手書きの出荷検査成績書入力用紙を使用せず、タブレットPCの中の出荷検査成績書入力シートに直接自動入力するため、②の422項目の入力時間はゼロになります。

①の作業に114分、②の作業に0分、計114分となり、59分の作業時間短縮が可能となりました。

POINT

この現場改善により、測定作業時間が大幅に短縮するとともに、ヒューマンエラーの回避も可能となりました。金属塑性加工.comを運営する高橋金属は、徹底した現場改善意識を持ち、小さなことでも改善を繰り返すことで、皆様に製造リードタイムの短縮やコストダウン、そして高品質化というメリットを提供します

事例一覧

技術コラム 人気記事
パイプ加工:パイプの3次元曲げと端末加工技術について
プレス加工:4つの精密せん断加工とファインブランキング加工・対向ダイスせん断法について
プレス加工:8種類のせん断加工とそれぞれの特徴について
プレス加工:分断型について
プレス加工:縁切り型の特徴と種類について
板金・パイプ・プレス・溶接
加工品事例
環境関連機器
農機・建設機器
船舶
食品・衛生機器
医療機器
エネルギー関連機器
計測・分析機器
介護・健康関連機器
自動車
ロボット・AI
その他
完成品・ユニット品組立
OEM生産事例
環境関連機器
農機・建設機器
船舶
エネルギー関連機器
その他
VA・VE事例
プレス加工
板金加工
溶接加工

お気軽にご相談ください

金属塑性加工.comを運営する高橋金属は、設計から金属加工、そして完成品組立まで一貫した生産が可能な、国内有数の企業です。培ってきたノウハウや研究開発により生み出した独自技術を用いて、皆様に最大限のメリットを提供します。

お問い合わせ
資料ダウンロード