プレス・パイプ・板金・溶接加工 他社にはできない困難な課題を解決
金属塑性加工.com

加工品実績・事例:エネファーム用カバー

製品分類カバー加工内容プレス加工、溶接加工
業界エネルギー関連機器寸法L66xW273xH191
材料高耐食溶融メッキ鋼板 (ZAM90)コア技術表面処理鋼板材接合技術
エネファーム用カバー

加工品実績・事例の説明

住宅業界向け、家庭用燃料電池に使用されるカバーを製作しました。
材料はZAM90を使用しております。製作品サイズは66mm×273mm×191mm。家庭用燃料電池の設置は屋外となるため、従来はステンレスを使用し電池カバーを作成しておりましたが、お客様よりコスト削減要望がありました。そこで、防錆性を保持しつつステンレスより安価となる高耐食溶融メッキ鋼板(ZAM90)を提案させて頂きました。
順送プレスにて外形を抜き、ヘミング曲げまで行います。ファイバーレーザー溶接機にて、折り返した部分を溶接したのち、単発プレスにてU字に曲げております。
板金加工品同士の溶接に関して、ZAM材の溶接はメッキの蒸発によりスパッタ・ヒュームが発生しやすくなりますが、ファイバーレーザー溶接機を使用することで仕上がり品質を向上させました。従来は、折り返した部分の溶接にスポット溶接を用いていましたが、ファイバーレーザー溶接機を用いたことで、工数削減しコストメリットを提供することが可能となりました。また、ファイバーレーザー溶接は、歪みが発生しにくく強度が増すため、品質向上につなげることも可能になりました。

髙橋金属は、脱炭素化や省エネ化が叫ばれる昨今、家庭用燃料電池カバーの生産数は増加しております。再生可能エネルギーに使用される燃料電池に関する加工品について、弊社のもつ板金加工や溶接ノウハウを用いて、最適な提案をさせて頂きます。
また当社は単発型・順送型(プログレ型)・トランスファー型のいずれのプレス加工方法にも対応するすることができます。プレス加工は加工方法の違いでかかるコストが大きく変わることが知られています。切削加工などの工程をプレス加工に代替えすることで実現するVE・VAの提案をすることができます。生産増加に伴うご発注先の選定や材料コストなどにお悩みの方、是非お気軽に下記よりお問合せください。

加工品実績・事例 一覧

技術コラム 人気記事
絞り金型と絞り加工のトラブル事例
プレス加工:絞り加工のメリット・デメリット
プレス加工:カール曲げ加工(カーリング)の種類と加工工程
プレス加工:曲げ加工の種類とスプリングバックの原因と対策
プレス加工:8種類のせん断加工とそれぞれの特徴について
板金・パイプ・プレス・溶接
加工品事例
環境関連機器
農機・建設機器
船舶
食品・衛生機器
医療機器
エネルギー関連機器
計測・分析機器
介護・健康関連機器
自動車
ロボット・AI
半導体製造装置
その他
完成品・ユニット品組立
OEM生産事例
環境関連機器
農機・建設機器
船舶
エネルギー関連機器
その他
VA・VE事例
プレス加工
板金加工
溶接加工

お気軽にご相談ください

金属塑性加工.comを運営する高橋金属は、設計から金属加工、そして完成品組立まで一貫した生産が可能な、国内有数の企業です。培ってきたノウハウや研究開発により生み出した独自技術を用いて、皆様に最大限のメリットを提供します。

お問い合わせ
資料ダウンロード