プレス・パイプ・板金・溶接加工 他社にはできない困難な課題を解決
金属塑性加工.com

加工品実績・事例:ETCゲート部筐体

製品分類筐体加工内容板金加工、溶接加工
業界その他寸法1000×450×450
材料SPHC・SS400
ETCゲート部筐体

加工品実績・事例の説明

高速道路の料金所に設置されている、電子料金収受システムであるETCゲートの筐体を製作しました。架台や制御盤BOX等のSPHC・SS400を材料とする、大物製缶板金製品です。サイズはL1000×W450×H450となります。ご存知の通り、ETCゲートには開閉バーが搭載されています。全長5mのロングバーの重圧にも耐えられるように、従来の板厚2.3mmから4.5mmへ上げ強度アップしました。板材はレーザー加工機にて切断し、熟練作業者によるCO2溶接にて接合しています。最終検査として、密封性の確認のためカラーチェックを行うことで、高品質な制御盤製造を保証しています。また、従来であれば溶接接合しないといけなかった部分を、当社の提案によりプレスブレーキによる曲げ加工にすることで、一体形状とし、工数削減によるコストダウンを実現しました。溶接個所を減らすことで歪みも軽減し、雨風に晒されても浸水のない気密性を保った制御盤用筐体となっています。
髙橋金属では、板金加工専用工場を持ち、タレットパンチプレスや50t~130tのプレスブレーキを始めとした充実した板金加工設備を保有し、小型~大型までの部品製造にお応えしています。また、板金加工専用工場には17台のCO2溶接機、13台のTIG溶接機を保有しています。これらの溶接ロボットと日本海事協会溶接技量認定を受けた5名の熟練した⇒パイプのみ 作業者によるハンド溶接により、製缶板金加工品を製造しています。当事例のように、屋外に設置される大物筐体の製造実績も数多く持っています。製缶板金加工品の製造ノウハウを生かし、「最適コスト」「高品質」で製作させて頂きます。お気軽にお問合せください。

加工品実績・事例 一覧

技術コラム 人気記事
絞り金型と絞り加工のトラブル事例
プレス加工:絞り加工のメリット・デメリット
プレス加工:カール曲げ加工(カーリング)の種類と加工工程
プレス加工:曲げ加工の種類とスプリングバックの原因と対策
プレス加工:8種類のせん断加工とそれぞれの特徴について
板金・パイプ・プレス・溶接
加工品事例
環境関連機器
農機・建設機器
船舶
食品・衛生機器
医療機器
エネルギー関連機器
計測・分析機器
介護・健康関連機器
自動車
ロボット・AI
半導体製造装置
その他
完成品・ユニット品組立
OEM生産事例
環境関連機器
農機・建設機器
船舶
エネルギー関連機器
その他
VA・VE事例
プレス加工
板金加工
溶接加工

お気軽にご相談ください

金属塑性加工.comを運営する高橋金属は、設計から金属加工、そして完成品組立まで一貫した生産が可能な、国内有数の企業です。培ってきたノウハウや研究開発により生み出した独自技術を用いて、皆様に最大限のメリットを提供します。

お問い合わせ
資料ダウンロード