プレス・パイプ・板金・溶接加工 他社にはできない困難な課題を解決
金属塑性加工.com

鏡面プレス加工技術とは

鏡面プレス加工技術とは、特殊冷間プレス加工工法によりプレス加工のみで鏡面部表面粗さRa0.02以下の鏡面成型を実現する技術です。当技術は、「平成25年MF 技術大賞2012/2013」「平成25年 第5回「ものづくり日本大賞 製品・技術開発部」を受賞しました。主に、デザイン品の成型に用いられています。 鏡面プレス加工技術は、自社開発の、①プレス加工技術 ②プレス加工油 ③イオン洗浄水による複合技術です。プレス加工油には、潤滑性・冷却性+鏡面を維持するための成型性を備えた自社開発の油を使用しています。成型後にプレス加工油などの不純物を除去する洗浄水には、自社開発の電解イオン水洗浄機を用いることで、極めて高い清浄度を得ることが可能となっています。 加工材には、高輝度LED照明に適応させるため、放熱性が高く、紫外線による劣化の無い特殊アルミニウム材を用いています。 当技術を用いてサーボプレス機によりリフレクター成型を行うことで、高寿命、高精度、高品位、短納期、環境配慮(蒸着メッキレス・再リサイクル可能)を実現することができます。また、温度50℃、湿度95%RHの環境条件下で1000時間放置試験を行っておりますが、鏡面成形部に曇が無く、照度の悪化も無い事が確認できております。

関連技術:奇数鏡面加工技術はこちら!

 

鏡面プレス加工技術の効果

従来工法

従来の鏡面加工(リフレクター成型)は、母材を樹脂成形・ダイカスト成形により製作し、後工程にて蒸着・メッキを行うなど、工数がかかる製造方法でした。製造リードタイムは長期化し、工数増加による製造コスト上昇が課題でした。蒸着・メッキは経年劣化により剥がれてしまうため短寿命であり、定期的部品交換が必要になっていました。また、極小部には、蒸着・メッキがつかないというデメリットがありました。

当社技術

プレス加工のみで鏡面成型を実現

プレス加工のみで鏡面加工(リフレクター成型)を行うことにより、工程短縮ができ、製造リードタイムを1/2に削減することが可能です。また、メッキレスであり経年劣化により全反射率が落ちてしまうという課題も解決できました。高橋金属が開発した電解イオン水洗浄システムを用いることで、メッキレスなのにも関わらず、反射率85%以上、鏡面部表面粗さRa0.02㎛を実現し、極小部でも鏡面加工が可能となり高品質化を達成しました。

鏡面プレス加工技術のPOINT

先端金属加工技術研究所が開発した、鏡面プレス加工技術には以下のメリットがあります。

鏡面プレス加工技術の実績

先端金属加工技術研究所は、鏡面プレス加工技術を用いて製造した製品を、様々な業界に納入させて頂きました。事例を紹介させて頂きます。

お気軽にお問合せください

先端金属加工技術研究所は、部品加工における製造コスト削減や高付加価値化・品質向上を可能にする技術開発に注力しています。その領域は、板金加工・プレス加工・パイプ加工・溶接加工・解析技術と5つの分野にまたがります。ねじ加工において、製造コスト削減や短納期化というご要望をお持ちのかた、是非お気軽にお問合せください。 また、当研究所ではお客様と共同開発したコア技術を多数持ちます。お客様のニーズと直に接することにより、皆様の課題を次世代の基盤技術で解決することが可能です。金属加工において、コスト面及び機能面でお悩みをお持ちの皆様、どのようなことでもお気軽にご相談ください。共同開発を含めたベストなご提案をさせて頂きます。

先端金属加工技術研究所の高度コア技術一覧

技術コラム 人気記事
パイプ加工:パイプの3次元曲げと端末加工技術について
プレス加工:4つの精密せん断加工とファインブランキング加工・対向ダイスせん断法について
プレス加工:8種類のせん断加工とそれぞれの特徴について
プレス加工:曲げ加工の種類とスプリングバックの原因と対策
プレス加工:カール曲げ加工(カーリング)の種類と加工工程
板金・パイプ・プレス・溶接
加工品事例
環境関連機器
農機・建設機器
船舶
食品・衛生機器
医療機器
エネルギー関連機器
計測・分析機器
介護・健康関連機器
自動車
ロボット・AI
半導体製造装置
その他
完成品・ユニット品組立
OEM生産事例
環境関連機器
農機・建設機器
船舶
エネルギー関連機器
その他
VA・VE事例
プレス加工
板金加工
溶接加工

お気軽にご相談ください

金属塑性加工.comを運営する高橋金属は、設計から金属加工、そして完成品組立まで一貫した生産が可能な、国内有数の企業です。培ってきたノウハウや研究開発により生み出した独自技術を用いて、皆様に最大限のメリットを提供します。

お問い合わせ
資料ダウンロード