プレス・パイプ・板金・溶接加工 他社にはできない困難な課題を解決
金属塑性加工.com

Fe+AL Fe+Cu 異材接合技術とは

Fe+AL Fe+Cu 異材接合技術とは、ファイバーレーザー溶接機を用いてFe(鉄)+AL(アルミニウム)、Fe(鉄)+Cu(銅)の接合を可能とする技術です。Tig溶接やMig溶接などのアーク溶接では、2部材を融合させることができず異材溶接が困難でした。また、溶接が困難なため、Fe+Alの板金加工品はボルト止めやリベットでの締結が一般的となっています。接着材による接合を行うこともありますが、高額でありコスト面で課題が生じていました。 当技術は、例えばFe+Alを接合する場合、アルミ側に金属間化合物を最小にする溶接条件(出力やスピードなどの変数)を設定しファイバーレーザー溶接機にて溶接することで、異材の接合を可能としております。

Fe+AL Fe+Cu 異材接合技術の効果

従来工法

アーク溶接や抵抗溶接によるFe+Al、Fe+Cuの異材接合は困難なため、ボルトやリベットで異材を接合しますが、部品点数が多くなり加工コスト・管理コストが上昇してしまいます。また、ボルト・リベットの取り付け範囲を考慮することが必要なため、ワークサイズが大きくなり重量の増加につながります。 さらに、ボルト・リベットでの接合は、組立加工が必要となりますので製造リードタイムの長期化につながっています。

当社技術

当社のコア技術である異材接合技術を用いて溶接を行うことで、Fe+AL、Fe+Cuなどの異材接合が可能となります。溶接にて接合することで、ボルトやリベットなどの接合部品が必要なくなり、加工コスト及び管理コストが低減します。接合部品サイズを考慮した製品設計をする必要がなくなり、小型化・軽量化も実現できます。また、当接合技術はファイバーレーザ溶接機を用いますので、組立加工のような人的作業を必要とせず、工数削減が可能となります。

Fe+AL Fe+Cu 異材接合技術のPOINT

先端金属加工技術研究所が開発した、Fe+AL Fe+Cu 異材接合技術は、下記のメリットを提供します。

お気軽にお問合せください

先端金属加工技術研究所は、部品加工における製造コスト削減や高付加価値化・品質向上を可能にする技術開発に注力しています。その領域は、板金加工・プレス加工・パイプ加工・溶接加工・解析技術と5つの分野にまたがります。ねじ加工において、製造コスト削減や短納期化というご要望をお持ちのかた、是非お気軽にお問合せください。 また、当研究所ではお客様と共同開発したコア技術を多数持ちます。お客様のニーズと直に接することにより、皆様の課題を次世代の基盤技術で解決することが可能です。金属加工において、コスト面及び機能面でお悩みをお持ちの皆様、どのようなことでもお気軽にご相談ください。共同開発を含めたベストなご提案をさせて頂きます。

先端金属加工技術研究所の高度コア技術一覧

技術コラム 人気記事
絞り金型と絞り加工のトラブル事例
プレス加工:絞り加工のメリット・デメリット
プレス加工:カール曲げ加工(カーリング)の種類と加工工程
プレス加工:曲げ加工の種類とスプリングバックの原因と対策
プレス加工:8種類のせん断加工とそれぞれの特徴について
板金・パイプ・プレス・溶接
加工品事例
環境関連機器
農機・建設機器
船舶
食品・衛生機器
医療機器
エネルギー関連機器
計測・分析機器
介護・健康関連機器
自動車
ロボット・AI
半導体製造装置
その他
完成品・ユニット品組立
OEM生産事例
環境関連機器
農機・建設機器
船舶
エネルギー関連機器
その他
VA・VE事例
プレス加工
板金加工
溶接加工

お気軽にご相談ください

金属塑性加工.comを運営する高橋金属は、設計から金属加工、そして完成品組立まで一貫した生産が可能な、国内有数の企業です。培ってきたノウハウや研究開発により生み出した独自技術を用いて、皆様に最大限のメリットを提供します。

お問い合わせ
資料ダウンロード