プレス・パイプ・板金・溶接加工 他社にはできない困難な課題を解決
金属塑性加工.com

φ6パイプ曲げ加工後、継手部品との溶接をしたいのですが、対応可能でしょうか。

はい、対応可能です。

φ6のパイプと継手部品の接合であれば、溶接工法はロウ付けにて対応しており、接合部など繊細な部分にも対応が可能です。当社では手ロウ付けだけでなく、ロボットによるロウ付けも用いた加工が可能なため、量産にも対応しております。 パイプの曲げ加工および、溶接加工は当社にお任せください。

>>パイプ加工実績一覧はこちら

すべてのFAQ

技術コラム 人気記事
板金加工:レーザタレパン複合機について
板金加工:レーザ切断について
板金加工:外形加工専用機について
板金加工:部品展開について
板金加工:板金加工(工場板金)の全体像について
板金・パイプ・プレス・溶接
加工品事例
電池・バッテリー関連
環境関連機器
農機・建設機器
船舶
食品・衛生機器
医療機器
エネルギー関連機器
計測・分析機器
介護・健康関連機器
自動車
ロボット・AI
半導体製造装置
その他
完成品・ユニット品組立
OEM生産事例
環境関連機器
農機・建設機器
船舶
エネルギー関連機器
その他
VA・VE事例
プレス加工
板金加工
溶接加工

お気軽にご相談ください

金属塑性加工.comを運営する高橋金属は、設計から金属加工、そして完成品組立まで一貫した生産が可能な、国内有数の企業です。培ってきたノウハウや研究開発により生み出した独自技術を用いて、皆様に最大限のメリットを提供します。

お問い合わせ
資料ダウンロード