プレス・パイプ・板金・溶接加工 他社にはできない困難な課題を解決
金属塑性加工.com

スポット溶接の仕組みについて教えてください

スポット溶接の仕組みは、溶接する金属母材の上下から電極棒で加圧しながら電流を流すことで加熱をし、接触面に発生する抵抗熱により母材に溶解凝固を起こし再凝固することで接合します。
薄板の接合に使用することが多く、条件によっては3枚以上の材料の接合も可能です。
加工可能板厚は3.2mmまでで、ナットのスポット溶接などにも多く使用しています。
【メリット】
溶接速度が速く、消耗部品が少ないこと。異素材の溶接をすることができること等が挙げられます。

すべてのFAQ

技術コラム 人気記事
絞り金型と絞り加工のトラブル事例
プレス加工:絞り加工のメリット・デメリット
プレス加工:カール曲げ加工(カーリング)の種類と加工工程
プレス加工:曲げ加工の種類とスプリングバックの原因と対策
プレス加工:8種類のせん断加工とそれぞれの特徴について
板金・パイプ・プレス・溶接
加工品事例
環境関連機器
農機・建設機器
船舶
食品・衛生機器
医療機器
エネルギー関連機器
計測・分析機器
介護・健康関連機器
自動車
ロボット・AI
半導体製造装置
その他
完成品・ユニット品組立
OEM生産事例
環境関連機器
農機・建設機器
船舶
エネルギー関連機器
その他
VA・VE事例
プレス加工
板金加工
溶接加工

お気軽にご相談ください

金属塑性加工.comを運営する高橋金属は、設計から金属加工、そして完成品組立まで一貫した生産が可能な、国内有数の企業です。培ってきたノウハウや研究開発により生み出した独自技術を用いて、皆様に最大限のメリットを提供します。

お問い合わせ
資料ダウンロード